16 Sep
2016

世界の特許市場は厳しい時期にあるものの各所に希望も

知財取引担当者は厳しい時期を迎えている。特許価値が下落し、取引規模が縮小する中で、権利の収益化に対する圧力が増大している。また、適格性やSEPを巡る不確実性も存在している。こうした結果などが、今年IAMが実施した知財市場のベンチマーク調査で明らかになった。