エドワード・ノッダー(Edward Nodder)

エドワード・ノッダーは、ブリストーズの特許訴訟における共同責任者で、これまで35年以上にわたり知的財産を取り扱ってきました。多くの技術分野に豊富な経験を有していますが、現在は生命科学セクターを主に担当しています。これまで、最大手製薬会社、バイオテクノロジー会社および医療機器会社に係る画期的判決など、100件以上の特許訴訟を担当しました。英国にとどまらず、国境を越えた訴訟や助言の調整も担当しています。最近では、欧州特許弁護士協会(EPLAW)理事会における長期的活動を通じて、特に統一特許と統一特許裁判所(UPC)に注目しています。欧州特許司法制度との協同業務として、UPCの法律と規則を用いて実施された模擬裁判にも参加しています。

Content from this author

Get unlimited access to all IAM content